スラムダンクの模写始めたよ

ビルメンまんが道
スポンサーリンク

模写からはじめていきます

これから漫画とかイラストとかもっと描いていきたいと思っているのですが

その第一段階として模写を始めました。

いずれやろうとは思っていたんですが先日電験二種の発表もあり一息付けたので

実際に少しづつ始めていくことにしました。

落ちた場合、もしかしたら電験二種をまた挑戦することにしたかもしれないですし

去年もそんな感じで新しく始めようとしたこともストップしてしまいましたからね。

とにかく少しづつ絵の練習やっていきたいと思ってます。

本気出してイラストの練習していきます!

なぜスラムダンクなのか?

イラスト指南のサイトとか色々探してたんですが、

その中で模写用によいとおすすめされていたからです。

自分はまず個々の部分の練習より違和感ない全身絵とかを描けるようになりたいんですよね。

スラムダンクはそういった全身絵のカットが多いらしいです。

そんなわけで年末あたりに早速購入していました。

まだ慌てる時間じゃない

ついでにスラムダンクを読んだ感想

実はスラムダンク読んだことなかったんですよね。

バスケ、というかスポーツ全般が苦手な運動音痴君でしたしね。

正直スラムダンクに限らずスポーツ漫画はあんまり興味なかったんです。

でもせっかく買ったのでまず目を通してみることにしました。

バスケの背番号は4番からとか5vs5とかはじめて知りましたよ。

人数とか普通に10人前後くらいずつでやるものかと。

むかーし体育とかでちらっとやったことあるかもしれないですけど完全に忘れてました。

そして話を読んだ感想・・・。

やっぱり名作と言われるものは名作と言われるだけの魅力がありますね。

個性豊かなキャラクターに、その成長、絆、そして勝利・・・。

あとスポーツ漫画ってどっちも自分たちが勝利するために必死で頑張っているのですけど

それでどっちが悪とかないじゃないですか。

だから負けた側も必死で頑張ってきてそれでも敗れてしまいそれでそこに新しくドラマが生まれる。

田岡監督の言葉もすばらしいし、山王監督の最後の励ましもジーンときます。

最後の巻は特に一気に読んでしまいましたよ。

読み終わって数日たってもなんかこう頭の中で考えてる感じで時間がたつほどおもしろさを理解する感じでやっぱり名作って凄いと思いましたまる

時代を超えても色あせない名作です

模写はできる限りやっていきたい

なんだかんだで画力を上げるための基本は模写だと思ってます。

仮にオリジナルを描くにしても資料を色々集めて描くわけだしやはりモノや資料をみて

描くのが前提だろうと思うので。

スラムダンクの模写は毎日1枚とかは無理ですが余裕ある日はできる限りやっていきたいです。

少しずつ模写していきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました