ふるさと納税をする情強ビルメン

ビルメン雑記道
スポンサーリンク

 

今年初めてふるさと納税をすることにしました。

去年まではいまいちよくわからないしやっていなかったんですが今年からとうとうはじめることにしましたよ・・・ふるさと納税をね。
ふるさと納税をしない奴は情弱というのはもはや常識ですからね。
私もはれて情強の仲間入りというわけです。

自分の年収だと4万円分くらい寄付できるとのことでした。

どこにするか考えるもめんどうくさくなってくる・・・

 

はじめはウキウキでふるさと納税のポータルサイトみたいなとこみてたんですよ。
なんか還元率で何十%ってのが書かれてるとことか見たりしてね
確か返礼品は寄付額の3割くらいまでなんだったかな?
ただそれは原価だから別に最終的な市場価格基準ではもっと高くても問題ないみたいな話を聞きました。

それはともかくいろいろ見てどうするか考えてたんですが、しばらくすると考えるのが面倒になってきました
正直何にすれば一番満足かなんてよくわからないし

それでまあ親に決めさせよっかなって思い始めて話したら燕三条の爪切りが欲しいっていいだしましてね

結構いい爪切りらしいんですがそんなものあるのか?と思ったんですが名産品みたいで普通にありました。

↑こんな感じの爪切り。すごく使いやすいらしいです。

正直爪切りって・・とは思ったんですが、まあ俺も欲しいもの聞いたわけだし食べ物じゃなくて残るものってのも悪くないかなと思い頼むことにしました。

うちの親ももう体あちこち悪いみたいで足の爪切るのとか大変らしいので喜んでくれました。

その爪切りが21000円分だったので他に有田ミカンや熊本の米を頼んで39000円分になりました。

 

 

ワンストップ制度で手軽に申告

ちなみにふるさと納税にはワンストップ制度っていうのがあって確定申告しなくてもそれやれば住民税減らしてくれます。

確定申告だと所得税が少し還付されるのでその分ワンストップ制度の方が損なんだと思っていたので

ワンストップ制度の書類は申し込んだもののやはり確定申告にしようかなと思っていたのですが

ワンストップ制度の場合、申告特例控除というので所得税の還付分も住民税が減るとのことで

結局ワンストップ制度で申告することにしました。

ちなみにワンストップ制度では各自治体に書類送るためマイナンバーカードを複数枚コピーしないといけないんですが

コンビニなんかでコピーする場合、免許コピーってので印刷すると両面を1枚に印刷できるので多少節約できます。

そんな感じで頼んだ返礼品ですがまだ1つも届いてません。
はよ来い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました